子育て

【マツコの知らない世界】で紹介された子ども用包丁『マックキッズキッチンナイフ』レビュー!

こんにちは!コアラです(@chaki2_koala)

4歳半ごろから長女に

長女

包丁を使ってみたい!!

と言われていましたが、

コアラ

まだ怖いなぁ・・・面倒だし・・

という気持ちから一旦保留に。

とりあえず、他のお料理のお手伝いをしてもらっていました。

子どもができる簡単な料理のお手伝い6つ【4歳〜5歳向け】 こんにちは!コアラです(@chaki2_koala) 4歳・5歳ぐらいになると、おままごとで遊んでいたり、親が毎日料理をしている...

しかし5歳になり料理のお手伝い熱がヒートアップ・・・

毎日のように『包丁を使いたい』と言われるので、意を決して子ども用の包丁を購入し、実際使用してみました。

私が購入した包丁はマツコの知らない世界』というTV番組で紹介された、子ども用包丁『マックキッズキッチンナイフ』です。

今回は『マックキッズキッチンナイフ』のおすすめポイントや実際に使ってみた感想を含む、子ども用包丁についてご紹介していきます!

私みたいに子どもから『包丁を使いたい』と言われている方の参考になれば嬉しいです。

Sponsored Links

子どもの包丁はいつから

子供に包丁を持たせる年齢に明確な決まりはありません。

しかし子ども用と言っても刃物です。

怪我に繋がる可能性もあります。

年齢だけで判断するのではなく、自分の子どもがどれだけ大人の説明や注意を理解できているのかで決めることが大切です。

料理に興味をもつようになったタイミングで、包丁デビューすることも大事です!

子ども用包丁の選び方

子ども用の包丁にも種類がたくさんあります。

選ぶ時のポイントは下記の5つです。

  1. 柄が握りやすくなっている
  2. 刃先が丸い
  3. 重くない
  4. 大きすぎない
  5. きちんと切れる

【補足】⑤きちんと切れる

子ども用の包丁を選ぶときは、子どもだからといっておもちゃのように刃が切れない包丁ではなく、普通にきちんと切れる包丁を選びましょう。

切れない包丁だと、子どもは力を入れて切ろうとするので、かえって危険です。

2〜3歳で初めての包丁を持つ子どもは、包丁の握り方や切る動作を学ぶ目的とした『刀があまり切れないもの』でも良いと思います。

『マックキッズキッチンナイフ』おすすめポイント

それでは、今回私が購入した『マックキッズキッチンナイフ』のおすすめポイントをご紹介していきます。

安心・安全への配慮

マックキッズキッチンナイフの刃先

①刃先が丸い

落としてしまったときの危険性を軽減させるため、刃先が丸く刃もありません。

②目印ライン

刃がついている部分に白いラインが入っていて、この部分に刃があることが一目で分かるようになっています。

③短い刃

子どもが扱いやすいように刀の部分が短くなっています。

ピンクのマックキッズキッチンナイフ

④くぼみ

人指し指がくぼみに入り、刃に近いところで握れるため力が弱い子どもでも力が入れやすくなっています。

そして重心近くを持つことにより、包丁をより操作しやすくなります。

⑤樹脂ハンドル

小さな子どもでも力が入れやすく、滑りにくい樹脂のハンドルになっています。

⑥ヒップアップハンドル

手に持った時に自然と刀が前に動き、切りやすくするためにハンドルの部分がヒップアップ形状になっています。

まな板の上で切るときに包丁を握った手がまな板に当たらないように工夫されています。

切れ味

『マックキッズキッチンナイフ』は、無理な力をかけなくても切れるように、熟練の職人さんが手間暇かけて一本一本手作りで作っています。

実際私も使用してみましたが、私が普段使用している包丁と変わらないぐらいよく切れます。

本格的な包丁です。

『マックキッズキッチンナイフ』を使ってみた感想

子ども用包丁を使う5歳の娘

包丁を使う前に、以下の点を娘と約束しました。

  • 包丁は一人で勝手に使わない
  • 包丁を使っている時は、よそ見をしない
  • 包丁はしっかり持つこと
  • 左手は猫の手

そして、実際に野菜を切っていきます。

コアラ

怖い・・大丈夫かな・・

正直、見ているこちらはヒヤヒヤです。

長女

よし、切るよ〜!

まずピーマン!

さすがマックキッズキッチンナイフ。

娘はそんなに力を入れている様子もなく、野菜をどんどん切っていきます。

しかし、ここで問題が・・・。

先程約束をしたのに、よそ見はするし、左手は猫の手をたまに忘れて指を出してきます。

使い始めは、くぼみに指を入れて重心近くを持っていますが、やはり刃の近くは怖いと思うのか、一度包丁を離してしまうとまた柄の後ろを方を持ってしまいます。

何度も注意をしながら進めましたが、やはり大人がしっかり見ていないといけないと再認識しました。

こちらの心配をよそに、長女はとても楽しそうで

長女

楽しい〜〜!!

もっと切りたい〜〜!!

明日もやる〜!

と包丁を使えたことに喜んでいました。

これから少しずつ一緒に練習していこうと思います。

子どもが切るものは、ハムやきゅうり、ピーマンなど簡単に切れるものからにしましょう!

人参などやや固めの食材は、電子レンジで柔らかくしてから切らせる方が良いです。

さいごに

子どもの成長のために包丁にチャレンジさせることは良いことだと思います。

しかし子どもが包丁を使う時は、やはり大人がそばに居ることが第一条件です。

大きな怪我につながる可能性が高い包丁を扱うのですから、きちんと大人が見守りましょう。

そして正しく包丁の使い方を身に着け、一緒に楽しく料理ができるようになれば嬉しいですね。

それではまた!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Links