生活いろいろ

累計発行部数540万部突破の人気マンガ『赤髪の白雪姫』をご紹介!

こんにちは! コアラです(@chaki2_koala)

今回は私の大好きな漫画作品 『赤髪の白雪姫』をご紹介します。

コアラ

個人的感想ガッツリだけど、ネタバレにならないよう少しだけ紹介します!

『赤髪の白雪姫』題名だけでも聞いたことありますか??

赤髪の白雪姫は2015年7月〜9月に1stシーズン、2016年1月〜3月に2stシーズンがTVアニメで放送されていました。

そして累計発行部数540万部を突破している漫画です。

今回は初めて聞いたという方や、題名だけなんとなく知ってるなぁ〜という方に興味を持っていただきたいと思います。

知ってるよ〜好きだよという方は、『あっこいつ相当好きだな』と思いながらこの記事を読んでください。

それでは始めます! 熱くなりすぎないように気をつけます。

Sponsored Links

『赤髪の白雪姫』あらすじ

生まれつき赤い林檎のような美しい髪をもつ少女白雪は、生まれ育った国タンバルンの王子にその珍しい髪の色を気に入られ、自身の愛妾の座を用意される。

しかし、それを拒否し国を出た白雪は、辿り着いた森でゼンと名乗る少年と出会う。

追ってきた王子から白雪を助けてくれたゼンの正体はクラリネス王国の第二王子だった。

その後白雪は、ゼンをきっかけにクラリネスに居を移し、宮廷薬剤師として働きながらゼンの味方になるための道を進んでいく。

これは、出会った二人が互いに手を取り、足音を重ね、道を行く物語。

『赤髪の白雪姫』人物紹介(個人的感想入り)


出典:赤髪の白雪姫 
Blu-ray BOXのジャケットイラスト

白雪(しらゆき)

本作の主人公。

美しい赤髪をもつ少女です。

その美しい赤髪のせいで何かと災難に巻き込まれがち。

とても芯が強く、がんばり屋さんで、頭が良くて仕事もできます。

そんでもって可愛いところは、とっても純粋なところ。

ピュアッピュアなんですよね。

白雪の何事にもいつも真正面から立ち向かい、決して諦めない姿勢から周囲に認められていく感じが最高に好きです。

コアラ

いや〜私が大好きな主人公像そのもの。

ゼン

クラリネス王国の第二王子

はい、きました。イケメン王子様です。

ありがとうございます(*´ω`*)

なんとTVアニメでは CV:逢坂良太さんでした!!

そりゃもう声もカッコいい。

顔も性格も声も素敵♡ ありがとうございます!

王子だけど、いつも外の世界を見ることを大切にしていて、領地の砦を視察したり、周りの目を盗んで一人で城を抜け出して散策することもあります。

白雪と出会ったのもお忍びでの散策中です。

出会った時のやり取りから、白雪に対して好意を抱きます。

コアラ

もう序盤で白雪に恋しちゃったのね。

かわいい(´・ω・`)

ゼンは王子という立場ですが、偉そうな王子様感は全く無いです。

とても責任感が強く頼もしい王子です。

洞察力にも優れています。

人を惹きつけるものを持っており、側近や臣下達からはもちろん、貴族嫌いの民にも認められることもあります。

ゼンは白雪の前でキラッキラの王子様感を発揮するときもあれば、照れて真っ赤になっちゃう可愛いところもあります。

コアラ

これがもうたまらんのです。

ミツヒデ

ゼンの側近で近衛兵団の1人。

人間的にも能力的にもゼンから厚い信頼を寄せられています。

まじめで忠誠心が強く、頭の中の9割、いや10割ゼンのことを考えてます。

自分自身でも「ゼンが一番」と公言するほど主人を敬愛してます。

コアラ

真面目で純粋で天然で鈍感です。

良い意味で(・∀・)

木々(きき)

ゼンの側近で近衛兵団の女性。

冷静沈着な性格で、力に頼らない剣技の使い手。

美人で近衛兵団唯一の女剣士です。

めちゃくちゃクールビューティーです。

本当にカッコいい女性です。

でも稀に、本当に稀に心からの笑顔を見せるときがあって、その顔の破壊力が半端ないです。

コアラ

いつもクールな女があんな笑顔を見せるなんて反則です。

惚れます。

女性が憧れる女性でもありますね。

オビ

色々な経緯を経てゼンの直属騎士になります。

主に白雪の護衛を務めています。

剣術よりも体術を得意とし、とても身軽。

マイペースで飄々とした性格だけど、洞察力は鋭く、軽口を叩いても地雷は踏まず、冗談を言っても嘘は言いません。

個人的に1番大好きなキャラです。

コアラ

オビ〜〜〜(´ε` ) 

オビ〜〜(*´﹃`*)

オ〜〜ビぃ〜〜(´;ω;`) 

という感情によくさせられます。

実際オビファンも多いと聞きます。

もし私が白雪なら(妄想が過ぎる)オビのこと好きになってます。

でも白雪はゼン一筋でなびく素振りひとつありません。

(そもそもオビは白雪に迫るようなことはしません)

私は、あんなにいつもそばにいるオビに惚れない白雪を尊敬します(笑)

そしてそんな白雪だからこそ、この漫画は素敵なんです。

『赤髪の白雪姫』おすすめポイント

いや〜〜〜言いたいことはいっぱいあるんですが、あのシーンとかあのシーンとか・・・

しかしネタバレに繋がるし、ここで私がご紹介するより、ゼンの顔で、ゼンのセリフで見てほしい

もちろんそれは、ゼンに限らずこの漫画に出てくる全員のキャラクターに当てはまります。

もうゼンとオビのあのシーンなんて本当に・・・

コアラ

何回読んでもオビ・・ってなっちゃいます。

今回は主要人物5人だけご紹介しましたが、他にも素敵な人がたくさん出てくる漫画です。

(イザナ様とか・・リュウとか・・ヒサメどのとか・・鈴さんとか・・)

そう思えるほど、この漫画は読んでいるうちにキャラ一人一人に惹かれていくのです。

白雪やゼンの変化、成長だけではなく、キャラそれぞれの心の変化や成長も楽しめます。

『赤髪の白雪姫』を読むべき方

まとめると『赤髪の白雪姫』はこんな方にオススメです。

こんな漫画が好きな方にオススメ
  • 少女漫画が好き
  • 純愛系が好き
  • ドロドロ系が苦手
  • イケメン王子様に弱い
  • 芯の強い主人公が好き
  • 読み終わった時のモヤモヤ感が嫌い
  • 心を浄化したい
  • 優しい世界に癒やされたい

好きすぎて暴走してしまい、何度も書き直しましたがなんとかまとめました。

いや、まとまってないか・・。

お付き合いいただきありがとうございました。

ちなみにすでに赤髪の白雪姫が好きな方!こういうのもありますよ!

そしてTVアニメの赤髪の白雪姫を見るなら、こちらからどうぞ↓↓

『赤髪の白雪姫』を検索して、ぜひゼンやオビのカッコイイ声を聞いてみてください!

それではまた!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Links

こちらの記事もオススメ